アンサンブルアルマンド

バロックから古典派までの音楽を中心に演奏する、マンドリンと他楽器のアンサンブル。
アルマンド(allemande):フランス語で「ドイツ風の舞曲」の意。そのほか、マンドリンのボディのイメージにつながるアーモンド(almond)また18世紀の楽譜には、しばしばマンドリンのことが「アルマンドリーノ」(armandolino または almandolino)と綴られていたことの意味も掛けている。


次回演奏会

演奏会名:アンサンブルアルマンド演奏会〜古楽演奏の喜び
期日:2022年11月3日(木)13:30開演(13:00開場)
会場:早稲田奉仕園リバティホール
演奏予定曲:(ごく一部変更の可能性もあり)
  • パーセル:組曲ト長調 z770
  • ジェミニアーニ:合奏協奏曲第7番(コレッリのソナタOp5−7)
  • リュリ:シャコンヌ(フェトンより)
  • シャルパンティエ:4声のコンセール H545
  • コレッリ:合奏協奏曲作品6第8番クリスマスコンチェルト
  • バッハ:羊はやすらかに草を食みBWV208
  • バッハ:ソナチナ BWV106
  • ヘンデル:合奏協奏曲Op.6-3 HWV321

本演奏会は、予約制となっております。(定員30名)
入場は無料ですが、チラシのお願い事項をお読みの上、事前にお申し込みをお願いいたします。
お申し込みは、こちらのフォームからお申し込みいただくか、下記アドレスへメールでご連絡ください。
メールの送信先:久松祥三
E-mail: amadei-mandolin@nifty.com

(出演者を通じてご連絡いただいても結構です。)

E.Barbella: マンドリン協奏曲



お申し込み、お問い合わせはこちらから